FF15開発費を回収するには1000万本以上の販売数が必要と田畑端ディレクター

『ファイナルファンタジー XV』開発費回収に1000万本販売必要…田畑ディレクターが発言
プレスカンファレンスで「FF15の莫大な開発投資を回収するために必要な販売数は?」という質問を受けた田端氏は、「ゲームの寿命の間に全世界1000万本の販売を達成する必要がある」と発言したとのこと。『ファイナルファンタジー』シリーズはこれまでに48作品がリリースされており、累計販売数は2015年3月31日時点で1億1000万本以上で、1000万本という数字は約9%にあたります。
http://news.livedoor.com/article/detail/11365337/

FF15には莫大な開発費用が投資されていますが、その開発費用回収にはFF15を1000万本以上販売する必要が有ると、田畑端ディレクターが述べています。
FF15の開発期間は10年以上ですから、相応の開発費用を回収するには1000万本の販売ですか・・・これは無理ですねぇ。
映画とアニメも大爆死するでしょうし、ちょっと大丈夫でしょうか?
と言ってもスクウェアエニックス自体としては、数々の伝説的なタイトルのリバイバルやスマホ版を発売しまくりまくり始めていますから、FF15単体での回収とは考えていないでしょうね。
しかし、FF15もコレクターズエディションは国内で既に品薄状態となっており、意外にも人気が高いことが窺える。
FINAL FANTASY XV ULTIMATE COLLECTOR’S EDITION
いや、私だって楽しみなのは楽しみですから、でもさ、何もドラゴンクエスト生誕30周年に出すこと無いのに。