プロ野球タクティクス、戦略シミュレーションゲームでは無いなぁ・・・

プロ野球タクティクスは、あまり楽しくないと言う人が多い様ですね。
プロ野球タクティクスでリセマラは意味有るのか?
http://gamelife365.wpblog.jp/article/442691279.html
私はサクサク進むので結構楽しんでいる。
ちなみに以前書いた時は、シングルリーグ15試合の初級を優勝して、CSも勝ち上がり、日本シリーズも優勝。
そして今度はシングルリーグ30試合の中級は3位だったが、CSを勝ち上がり、日本シリーズを優勝してしまいました。17000で20000のリーグで優勝とか結構うまく行った方ですよね・・・
何も見ずにガンガン進めていましたが、だいぶ分かってきましたよ。
まず、選手のレアリティは固定では無く、ノーマル、レア、エリート、スーパーエリート、ヒーロー、スーパーヒーローの順にレアリティが選手ごとに存在する。レジェンドヒーローと言うのも今後実装される様だが続くかどうかは不明。
アクションシーンは試合結果にほとんど関係ない。9回表のアクションでランナーなしから頑張って逆転しても、9回裏にアクションなしでサヨナラ負けとか有る。
ブロンズは貯めてシルバーチップにして、チーム内のノーマル選手を無くして行く。
ちなみに私のチームには、戸根(ヒーロー)、バース(エリート)、桝田慎太郎(エリート)、鈴木尚広(エリート)、その他エリートとレアをガチャで手に入れてオーダーを組んでいます。
アクションでは先ずフルスイングなど難易度高いコマンドは使用せず、ミートとカーブとストレートのみ。ミートだけどエクセレントでホームラン、エクセレント外れたけど三振を取ることも余裕。
盗塁はランナーが誰だか分からないのでしない方が良い。アクションで盗塁しなくても盗塁王になれる。
エリートにノーマル代打とかされてしまうのでオーダーは自動で問題ない。
フレンド機能は過疎っているので意味が無い。
もう少しシミュレーションしたかったのですが、ちょっとこれは無理ですねぇ。
ちなみに上級リーグは試合数が多いのでやらない。