ドコモのスマートフォンMONO MO-01Jは実質648円の激安で何気に欲しい、ギャラクシーユーザーは買い替え必須か?

実質約650円のドコモオリジナルAndroidスマホ『MONO MO-01J』、12月発売
ドコモは、同社初となるオリジナルブランドのAndroidスマートフォン『MONO MO-01J』を、12月上旬に発売します。実質の負担額は648円とリーズナブルな点が特徴。低価格でありながら、防水やVoLTEに対応、チップセットなどの性能も十分な仕上がりです。
なお、12カ月以内に機種変更すると、違約金として1万5800円が発生します。ドコモショップ店頭やドコモオンラインショップで予約を受付中。本体カラーは、White/Blackの2色。
https://japanese.engadget.com/2016/10/19/650-android-mono-mo-01j-12/

ドコモが初のオリジナルスマートフォンMONO MO-01Jを12月に発売する事を発表しています。
MONO MO-01Jは本体価格約3万円ですが、月の割引などを含めると実質648円と激安スマートフォンに早変わりする。
MONO MO-01Jのスペック
サイズ 約136×69×8.8mm
重さ 約138g
カラー White/Black
OS Android 6.0
ディスプレイ 約4.7インチ、720×1280ドットTFT液晶ディスプレイ
CPU MSM8952 1.5GHz×4 1.2GHz×4オクタコア。
メモリ2GB(RAM)
ストレージ 16GB(microSDXCカード最大128GB)
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
国内対応周波数帯(VoLTEサポート)
LTE 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
3G 2GHz/800MHz
SIM nanoSIMカード
Bluetooth 4.1
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
外部端子 microUSB
メインカメラ 1330万画素
インカメラ 490万画素
IPX7防水、IP5X防塵性能
バッテリーは2440mAh(非常用節電モードサポート)
連続待受時間 LTE約580時間、3G約410時間、GSM約360時間
連続通話時間 LTE約620分、3G約710分、GSM約660分
電池持ち時間 約80時間(ドコモ想定)
MONO MO-01Jのスペックは上記の通りとなっており、これは高機能なのに激安パターン。欲しい。
iPhoneは買い替えに躊躇する値段ですが、ドコモは逆を狙った様です。
殆どのドコモサービスは使えますが、利用できないのは以下の通り。
おサイフケータイ非対応
ワンセグ・赤外線通信非搭載
シンプルメニュー非搭載
生体認証機能非搭載
ただし実質649円ですが、12カ月以内に機種変更すると違約金として1万5800円が取られますので注意したい。いや機種変更しないでしょこれ・・・
爆発スマートフォンで有名になってしまったギャラクシーユーザーには朗報だと思われる。