タブレット終わる、国内出荷台数初の減少

タブレット、国内出荷が初の減少 16年6.9%減
タブレット(多機能携帯端末)の国内出荷が2016年、初めてマイナスに転じた。調査会社のIDCジャパン(東京・千代田)が8日発表した2016年の国内出荷台数は773万台。前年に比べ6.9%減った。大画面化や高機能化が進むスマートフォン(スマホ)が市場を侵食していることが背景にある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HAZ_Y7A300C1000000/

タブレットを持っている人はどれ位居るのでしょうか?
最近では高齢者が持っている場面を良く見ますが、若い人は持っていない様な気がする。
IDC発表では2016年のタブレット国内出荷台数が初の減少に転じたと報道されており、タブレット終わった・・・iPadもドロタブも持っていますけどねぇ・・・マジで終わっていると感じる今日この頃。
何しろ次々OSアップデートしやがるから古いのは完全に文鎮化してしまう。ラップトップだと載せ替えで生まれ変わりますが、タブレットはマジで置物になる。どうにも出来ない。
今からタブレット購入するならばWinタブ一択。
iPadは現行以上の物は出ないかもしれない。出ても買い替えは必要性を感じない。アンドロイドは更に感じない。
スマートフォンもタブレットも優れたアプリが無いですから、結局のところ両方要らない。ラップトップで充分。スマホは通信手段として優秀ですがタブレット・・・終わってるなぁ。