電波オークションは見送り、電波法の改正案も来年度中に提出・・・結局何も無し・・・

2019年2月19日

電波オークション制度の導入が話題となり、結構期待していましたが予想通り結局何も無しでフェードアウトしそうです。

電波オークションって何ですか?
http://gamelife365.wpblog.jp/article/454925296.html

規制改革推進会議電波オークション制度導入はNHKや民放連の慎重案を取り入れ継続議題として要は見送り、電波法改正案も「来年度中」に「提出すべき」となっており、面白くなるかと思ったら何一つ変わらずソシャゲ運営みたいになっている・・・

しかしながら上記投稿でも書いた様に設備など技術面も入札金額以外の評価対象に含む事も挙げられており、何か自分の意見を言ってくれたみたいで嬉しいです。

そして、最も総務省が懸念しているのがコレだと思われる。

電波オークションとネットの中立性撤廃、アメリカで泥沼の争いが開始される可能性
http://gamelife365.wpblog.jp/article/455084796.html

電波オークション導入しているアメリカでは国と通信会社が対立をしており、いかに巨大な放送通信会社が恐ろしいのかが良く分かり、現状テレビ局と通信キャリアが別会社である国内はまだマシ。

テレビ・ラジオ・新聞が同じ企業である以上、後は通信キャリアをくっ付ければAT&Tの出来上がりですからリーチはかかっている。

ついでにNHKは既にネット受信料を述べており、あまり悠長な事を言っている場合ではない。

何しろNHKは料金高騰を反対理由に挙げておきながらネット受信料を導入しようとしており、完全に電波利権の恐ろしさを体現している。

誰もNHKは潰れろなんて本気で思っていない現在ですが、あまり行きすぎた行為をすると総務省も困ってしまうのではないでしょうか。潰す訳にもいかず、結局対立するしかなくなってしまいます。

そして通信キャリアの実質0円やめさせると言う意味不明な事をし始めてしまいます。

思うに電波オークションの様な非常に大規模な改革を行う責任を負いたくないのではないでしょうか。

面倒くさいから後回しにしてしまった感が見え隠れしています。

2020年の東京五輪も控えており、今やると・・・と言う感じです。

ですので、電波法改正案は「来年度中」に「提出すべき」なのでしょう。

ニュース

Posted by game