核保有国ほどAIやロボットの開発に熱心・・・地球を滅ぼすのは結局人間?

ホーキング博士やイーロン・マスクがAIに警鐘を鳴らしていますが、AIとかロボットに注力している国を見ると核保有国が殆どで確かに終わっていると感じる。
AIやロボットを悪用して軍事衝突する事も心配ですが、ホーキング博士によるとAIの知性が脅威で有るという。
しかしホーキング博士は別の予言もしている。
それが人口過多によるエネルギー消費増大での滅亡説。
そう言えばビットコイン取引で生じるエネルギー消費が、少し前はナイジェリアの年間電力消費量と言われていたが、先日はデンマークの電力消費量となっており、かなりのエネルギー消費量となっている。
更に人口過多によって食糧危機となる可能性も高いとされており、やはりエネルギー消費量はとんでもない事になりそう。
そしてホーキング博士は別の惑星への移住が望ましいなどと述べている・・・
確かに最近は宇宙開発や惑星探査に注力している国や会社がある・・・これって既に終わりを予見しているって事なのでしょうか。しかも宇宙に注力している国も核保有国だったりするから現実味がある・・・
何か怖ろしい気もしますが、残りの人生は楽しく生きたいですね。
科学技術とか情報通信とか発達させてはダメだったのかね・・・本当に現代の諸刃の剣だわ・・・

ニュース

Posted by game