Google検索離れ?Google以外の検索を利用する人が増えているらしい

以前、ggrksがggtksになってしまった何て言う面白い略語が有りましたが、どうやらGoogle以外の検索エンジンを利用する人が増加している様ですね。

若い方々はGoogle検索よりもSNSでの検索を利用しているとのこと。

若者のGoogle離れ「ググれ」なんてもう古い!「SNS検索」の利点
https://myjitsu.jp/archives/59961

SNSでの検索・・・twitterとかfacebookとかInstagramとかでしょうかね・・・ちょっとよく分からない。
いや、確かにGoogle検索は腐ってしまった事は間違いないですが、twitterやインスタの検索も腐っている様な気がしないでもない・・・

で、中高年層は音声検索の利用者が増えているとか・・・いやいや使ってないし・・・
でもね、ジイさんが音声検索を使っているのは確かに見た事がある。と言うかコーヒーチェーンで隣に座っていた爺さん何人か音声検索だった事があって、急にブツブツ喋り出したので非常に驚いたので良く覚えている。Siriの人と、OKグーグル半々ぐらいでしょうかねぇ。

じゃあGoogle検索使っているでは?と思うのですが、フランス政府がGoogle検索エンジンのデフォルトを停止する様にしているらしい。

既に先月からフランス国民議会およびフランス陸軍省は初期設定でのGoogle検索エンジン利用を停止しているとのこと。代替えとしてフランスの検索エンジンQwantを推奨している。

フランス政府がGoogle検索を辞めた理由はggtksではなく、データの扱いが気に入らない様です。

最近検索エンジン関連で多い話題としてGoogle検索以外の検索エンジンが紹介されていますが、どれもこれもユーザーデータを利用しない事が挙げられているので、流れなのでしょう。

こうなる事が予想できたら日本も検索エンジンの開発を辞めなかったでしょうけど、まさかGoogle検索が腐るとは誰も思っていなかったし、エンジニアの天国から単なる広告代理店になるとは夢にも思っていなかったですからねぇ・・・

ついでに言うと、実は私も殆どGoogle検索は利用していません。
初期設定の検索エンジンもGoogle検索ではありません。

昔ならいざ知らず、いまや他の検索エンジンの精度も高くなっており、薄気味悪い「いかがでしたでしょうか?」が上位に並ぶ事も少ない。

各国ともフランスの様に自国製の検索エンジンを導入していると言うのに・・・