外国人労働者が増えると言う事はマルチ・スズキの暴動が国内で起こる可能性があるのか・・・内部崩壊で終わるとか胸熱・・・

来年から外国人労働者の受け入れ拡大となる改正入管法となる訳ですが、これってさ、マルチ・スズキの暴動が日本国内で起こる可能性があると言う事ですよね・・・胸熱じゃなくて怖いのですが・・・

たかだか数年前の事なのに既に忘れ去られているマルチ・スズキ暴動事件ですが、キッカケは暴行・・・
労組に駆け込み会社側と交渉するも決裂。
以前から正規雇用と非正規雇用の待遇格差に不満が溜まっていた為、100人前後が暴徒と化し1人が死亡。
亡くなったのはマルチ・スズキのインド人の人事部長。

既にイライラが溜まっている外国人労働者もいる様だし、これマズイですよねぇ・・・いやホントに。
日本人ですらイライラしているのに外国人がイライラしない訳がないのですよねぇ・・・

介護、農業、建設、宿泊、造船、外食産業とか水産業とかに加えて、他の業種も検討されているのですよねぇ?どう考えても最初に対象業種で日本に来て転職するでしょうに・・・
いや、何故転職しない、怒らないと錯覚しているのだろう?

大体さ、造船は知らないけど介護、農業、建設、宿泊、外食産業とか水産業って構造自体に問題ある産業ばかりで、外食以外は殆ど国が関わってるじゃん?
働き方改革の前に、それら業種の構造改革した方が良いのでは?と思ってしまうのです。

大体さ、働き方改革って何なの?ふつーに考えて労働基準法違反なんじゃないの?

いやぁーもうダメでしょ・・・

国や勢力ってさ、世界史とか日本の歴史とかに詳しい人は知っていると思うけど、攻められて滅ぶよりも内部崩壊で滅ぶパターンが最も多いのですよ。

学生の頃は内部崩壊て・・・プププでしたけど、現代の世界各国見ても分かる通りマジだった・・・と思うしかない。