総務省が特定サイト通信料無料「ゼロレーティング」に自主規制を求める、米国とは逆へ行く

2年ほど前に米国で「ネットの中立性」が撤廃された事、覚えていますか?

ネットの中立性が撤廃される、そして誰もネットをしなくなった・・・

ネットの中立性が撤廃される、そして誰もネットをしなくなった・・・

日本も後を追うのかと思いきゃ、どうやら米国とは逆へ行き、特定サイトへの通信料無料となる通称「ゼロレーティング」を実施している通信会社に対して自主規制を要請する事を検討していると報道されています。

何故規制をするか?理由は米国でネットの中立性が撤廃された場合のデメリットと同様の事で、詳しくは上記のページなどを見てください。

で、面白いのは、米国でのネットの中立性撤廃に関連して国内でも電波オークションに関する事が話題となりました。その時に櫻井翔さんの父親が電通の執行役員に就任し、こちらも話題となっていました。

櫻井翔の父で元総務省事務次官で電波オークション反対派だった桜井俊が電通の執行役員に就任へ

櫻井翔の父で元総務省事務次官で電波オークション反対派だった桜井俊が電通の執行役員に就任へ

で、今度は国内のゼロレーティング規制の裏でひっそりとこんな事がありました。

嵐の活動休止に影響? 櫻井翔の父、電通の取締役就任でファンは動揺
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-46119/

・・・これは・・・タイミングがバッチリじゃないですか。

まぁ、何かしら関与はしていると言う・・・陰謀論楽しぃぃっぃぃぃ・・・