銭湯絵師のパクリ疑惑で猫将軍の凄さが際立つ・・・

ゴーン容疑者再逮捕、ゴーン妻国外へ、大阪の選挙、そして新紙幣と話題が豊富な中、現在最も話題となっている事が銭湯絵師を巡るパクリ疑惑。

物凄い勢いですが、マスコミが全く取り上げず、取り扱わないのでネットをしない人は全く知らない状況となっていますね。

2020年東京五輪のエンブレム問題を思い出しますが、あの人もあの後も特に問題なくデザインの仕事をしている様ですから、本人が認めない限り大丈夫なのでしょうね。

認めない限りバックに付いている団体が面倒見てくれる事が分かっている訳ですから、認める訳ないですよね。

東京都がアートプロジェクトを推進しているらしいですが、エンブレム問題以上に燃えそうですので辞めた方が良いと思いますが、どうなるのでしょうか。

ゴーストライターならぬゴーストデザイナーでも付けておけば良かったのに、ライブペインティングなんてしてしまったが為にゴーストデザイナーすら付ける事も危ない。

そのライブペインティングでパクられたと言っているのは同じくライブペインティングなどをしているイラストレーター?デザイナー?の猫将軍。

フーンとか思って作品みましたが・・・なんだこの人・・・凄すぎて話にならない。どう考えても猫将軍を売り出した方が良い。

猫将軍はゲームのキャラクターデザイナーとかやれば良いのに・・・と思っていたらやっていた・・・だよねぇ・・・何だあれは。

影響を受けた人物にダリや荒木飛呂彦の名前が・・・あぁーなるほどね。確かに影響を受けている感じ。

そ・し・て・・・天野喜孝の名前が・・・鳥肌立った・・・

スクエニは芸能人とかに金を使うのではなく、天野の後継者として猫将軍をFFキャラクターデザイナーに起用したら良いのではないだろうか。
金子一馬や副島成記にも通じるものがあるので、やはり後継者としてアトラスも考えた方が良いのでは?

いや待て・・・FF、メガテン、ペルソナは彼らのイメージが強いので、猫将軍には新たなIPで独自の世界観でキャラクターデザインをしてほしい気もする。