なぜスクウェア・エニックスは殺害予告ばかりされてしまうのか・・・

スクエニのゲーム「星と翼のパラドクス」のイベント中止 運営チームに殺害予告
スクウェア・エニックスは、アーケードゲーム「星と翼のパラドクス」のイベントを中止すると発表しました。運営チームへの殺害予告があったためとしています。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/15/news100.html

数々の人気タイトルならびに人気シリーズを制作してきたスクウェア・エニックス。

誰もが認める日本でもトップクラスのゲーム会社であったスクウェア・エニックスに今いったい何が起こっているのか?

ここ最近、スクウェア・エニックスに関する報道はネガティブな報道ばかりだ。それも凶悪で悲惨な事件や悪質な事件ばかりとなっている。

昨日もイベントに対して殺害予告をされている事が報道されている。

明らかにスクウェア・エニックスばかりが標的となっている。あまりにも多すぎる。

事件を起こした犯人の年齢は大抵氷河期世代かそれ以上の年齢となっている事から、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーが全盛期であった頃からのスクウェア・エニックスのファンと思われる。

それら昔からのファンの期待を裏切り続けた結果がコレだとしたらスクウェア・エニックスの方針は正しいと証明される。

何故なら、そう言った頭の凝り固まった昔からのファンである中高年層ユーザーから、子供や女性など若年層の新規ユーザー層へとシフトしている最中だからだ。

その様な方針にシフトしている中で中高年層ユーザーが問題ばかり起こしている訳であり、スクウェア・エニックスは正しい事をしていると感じる人は多い。先の映画でも、ラスボスがユーザー側にメッセージを送る事が話題となっていたが、そういう事なのです。

ユーザー側は、自分が面白いと感じるゲームをすれば良いだけであり、なぜイライラして面白くないと感じるゲームを続けるのか分からない。

運営側はファンやユーザーの事だけを考えている訳ではない事は当たり前であり、収益の事を考えていなければなりません。収益度外視する社員は逆に無能です。だからと言ってファンやユーザーを無視している訳ではありません。収益と同じく第一に考えています。

運営側の問題をユーザー側が考える必要はなく、ユーザー側はゲームを楽しむだけで良いのです。そのゲームが面白くないのであれば他のゲームをすれば良いのです、その他のゲームも面白くないのであれば、更に他のゲームをやれば良いのです。

毎月何十本とゲームは発売されており、新ソシャゲもゲーム内イベントも色々とあります。
一つに固執する事なく、柔軟に考えたら幸せになれる。

ゲームでイライラする事は理解できますが、運営側も人である以上イライラしたり悲しんだり笑ったりします。

暑いし衝動的になってしまう事も分かりますが、空調で涼しい場所で今一度頭を冷やしてからゲームを再開してみてはどうだろう。

運営側に対して良く思っていないのであれば、衝動的な行動は避けましょう。先に書いた様に、それこそ運営の思う壺なのですよ。

ほほう・・・そうきたか・・・とオタクらしく冷静になりましょう。