米国や韓国でUBI導入の動き、ベーシックインカムと生活保護を比較

2020年7月20日

セレブはベーシックインカムに賛成

前澤さんがベーシックインカムに賛成というツイートをしていました。

twitterのCEOジャック・ドーシーもベーシックインカムに賛成しており、既にベーシックインカム導入に向けて動いているそうです。

前澤さんも既にお金配りおじさんとしてベーシックインカムの社会実験を実施しているそうです。
抽選で毎月10万円を10人に配布したりと、確かにベーシックインカムの実証実験っぽい事をしていました。

ベーシックインカムに関してはイーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグなど著名人も必要と述べている事もあって、米国ではアメリカの15都市の市長が作る団体、メイヤーズ・フォー・ア・ギャランティード・インカムを設立しベーシックインカムを導入する動きがあります。

この団体にジャック・ドーシーが300万ドルを寄付しています。

ベーシックインカムを導入して検証している国も多くなっています。

日本の給付金10万円もベーシックインカムですが、ちょっと日本は色々と遅れているのかも知れませんね。それでも給付金は有り難いですよね。それがベーシックインカムの良いところでしょう。

しかしながら、数年前とは全く状況が異なっています。新型コロナにしてもITやAI、ロボットなどもそうです。

以前に行ったベーシックインカムの実証実験の結果はあまりあてになりません。

ベーシックインカムのメリットは好きな事を仕事に出来る

以前のように、終身雇用や年功序列で雇用が安定していた日本企業であればベーシックインカムも話題にならなかったでしょうけど、今の日本企業では流石に不安がつきまとってしまい、いつも何かに怯えながら仕事を続けなければなりません。

ベーシックインカムを導入するメリットとしては、安定した給付があるので好きな事を仕事に出来る事が挙げられます。これは非常に重要なメリットですね。

もちろんゲーム実況者で活躍する事だって可能になりますし、プロゲーマーを目指す事だって可能になるということですね。音楽でもスポーツでも好きな事を仕事にする事が可能となります。

転職する人が増えて人材の流動が多くなりますが、現在の仕事が好きならそのまま続ければ良いですし、嫌な会社で働き続ける事も、怖い人達と一緒の職場にいる事もなくなるでしょう。

要はブラック企業で働く必要が無くなる訳です

生活の不安がなくなる事は本当に心身に良いです。
ベーシックインカムによって幸福度が上がり、人に優しくなり犯罪率が下がる事は各国の実証実験で効果がある事が明らかになっています。

好きな事を仕事にするテーマと言えばソローが挙げられますので、ソローに興味ある方は以下のページを読んでみて下さいね。

好きな事を仕事にする、ゲームの生活も良い

ベーシックインカムのデメリット

ベーシックインカムのデメリットとしては、安定した給付があるので働かない人が増えてしまうのではないか?という疑問が最も強いです。

各国の実証実験では働かなくなる人は殆どいませんでしたが、恒久的に給付となった場合はどうなるでしょうかね。

  • ひきこもり→既に多い
  • ニート→既に多い

何かあまり変わらないような・・・

もう一つは財源はどこにある?という問題で、国民全員に毎月10万円給付するとしたら、新型コロナの給付金である特別定額給付金と同じく12兆8千億円・・・毎月約13兆円。

どこにそんな金があるんだ!となるのは当たり前ですね。働かない人が増えて財政が減ってしまったら厳しい状況になってしまいます。

しかし各国とも実証実験に取り組んでいるのは事実で、先ほどの様な大富豪やセレブが寄付して財源の一部とする事で可能になっています。

ベーシックインカムのデメリットとして社会保障がなくなると述べている人がいますが、それはそれ、これはこれですので、切り離して考えないと話が進まず、そうなるとMMT理論が出てきてしまうので良くある無駄な会議の典型になってしまいます。

ベーシックインカムは無理なのか?

昔から言われているのに何でベーシックインカムを導入しないんだ?結局のところベーシックインカムは無理なのか?となってしまいますが、今後AIによって多くの職業や業界で雇用が少なくなってきます。

ジャック・ドーシーやイーロン・マスク、マーク・ザッカーバーグなどは共にIT業界のセレブですからAIについても良く知っており、早めにベーシックインカムの導入をしたいのです。これは以前言っていましたね。

AIどころかITにも疎い日本でベーシックインカムのイすらないのは、そのためでしょう。

全く危機感が無いと言いますか、GoToキャンペーンですらグダグダの国に何が期待できるでしょうかね・・・

新型コロナの危機と、AIによる雇用喪失の危機は別物ですので、新型コロナでの対応が全てと言えるかも知れません。自己責任や自業自得とかのコメントが大量発生するのではないでしょうか。

前澤さん以外に、柳井さんとか、孫さんとか、三木谷さんとか、滝崎さんとか、佐治さんなど日本の大富豪の方々もベーシックインカムに賛同してくれるなら良いのですが、どう思っているのでしょうかね。

HIKAKINさんの様なyoutuberがベーシックインカムに賛同すると一気に議論が進むかも知れません。

韓国でもユニバーサル・ベーシック・インカムが議論される

韓国でもベーシックインカム導入が議論されており、従来の後ろ向きではなく前向きな検討をしているそうです。

韓国で議論されているユニバーサル・ベーシック・インカムはUBIと呼ばれており、最低限の生活を送れるだけの金額を、全国民一律に制限を設けずに最低所得保障を支給するベーシックインカムとなっています。

なるほど、全国民対象のベーシックインカムはUBIで、対象絞る給付は従来の社会保障なのですね。知らなかった・・・確かに混同してしまう。UBIソフトではございません。

ベーシックインカム(wiki)

もし韓国でUBIが実施された場合、年間約33兆3000億円かかるらしい・・・

しかし強引にでも韓国でUBI実施したら世界初の事であり、結構韓国に行きたい人が増えるかも知れませんね。

そうか、UBI導入すると他の国から移民する人も多くなる可能性が高いのか・・・そういえばそうでしたね・・・自国民に限るとか規制しないと生活保護みたいになってしまうのかなぁ。

国連がベーシックインカムを提案

各国でベーシックインカム導入に向けて動いていますが、今度は国連がベーシックインカム導入に関して提案を行ったそうです。

国連“発展途上国でベーシックインカムを”新型コロナ感染拡大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200724/k10012530581000.html

発展途上国のうち132か国で貧困ラインの前後に位置する27億8000万人を対象にしている事からベーシックインカムではないような気もしますが・・・どうなんでしょうかね。

この国連提案ベーシックインカムの財源は、発展途上国と新興国が先進国などに返済する債務を、先進国などの債権国が返済停止や減額する事で財源としています。ちなみに今年の債務は3兆1000億ドル(約330兆円)・・・

国連ベーシックインカムの費用総額は1月当たり2000億ドル(日本円で21兆4000億円)と試算しています。

新型コロナ関係なく、もしかして世界中で皆が限界に来ているのかも・・・

日本のベーシックインカム

特別定額給付金もベーシックインカムですが、千代田区が新型コロナウイルス対策として、全区民に一律12万円を独自に給付する事が検討されているそうです。

全区民に一律12万円を給付、千代田区ベーシックインカムですね。

早ければ10月以降に月1万円を1年間継続して給付を開始する予定とされています。

今から引っ越しても多分対象外にされますので、今住んでいる自治体にも検討してもらいましょう。

千代田区は平均所得が高く税収も多いので出来るとか、お金持ちに配っても無意味とか言う方がいますが、ベーシックインカムは全ての人に配布する事が目的であり、そこに差異はあってはいけないのです。

特別定額給付金のときも受け取らない方々がいましたが、個人で受け取らない様にすれば良いだけです。それに関しては後で徴収するなど方法は幾つも有るようですから、千代田区だから出来る訳ではありません。

既得権益がベーシックインカムに反対する理由

日本でUBIに賛同しているセレブは前澤さんだけかと思ったら、なんと竹中平蔵氏も賛成しています。

しかも竹中平蔵氏の口から「既得権益」を批判している事に驚いてしまった。パ・・・パソナ・・・

何だろう何が目的なんだろう、非正規が増えて儲かるから?マイナンバーで管理できるから?月5万円とか言ってるし・・・ズレてる?

更に、ちまちまやると既得権益が邪魔するから一気にやる必要がある。今がそのチャンスだ!とノリノリで乗り気で怖いのですが・・・

その既得権益が邪魔をする理由が分らないのですが、何で既得権益はUBIに反対するのでしょうか?

ベーシックインカム導入されても多くの人は仕事を辞めないでしょうし、辞めるのはブラック企業に勤めている人だけですよね。ブラック企業は既得権益とは言い難いと思いますが、竹中氏が言うからには何かあるのでしょうか。

竹中氏の言う既得権益は、政治家の事なのでしょうかね。その政治家と癒着している企業とか・・・パ・・・パソナ・・・ブーメランって事なのでしょうか。

竹中氏が構想しているベーシックインカムでは、社会保障がなくなってしまうので、余計酷い事になりそうなのですよね。月5万のベーシックインカムで社会保障がなくなるとか結構恐ろしい事を推進していると思います。

ベーシックインカムは2030年代までに広く普及?

グーグルの未来学者でエンジニアリング・ディレクター、レイ・カーツワイル氏によると、ベーシックインカムは2030年代までに各国で導入されて普及されると予測しています。

遠・・・くない!10年後?

ベーシックインカムは、2030年代までに全世界に広がる —— グーグルの未来学者が予測

レイ・カーツワイル氏は2018年にUBI予測をしていますので、新型コロナ以前に提言しています。

ですので新型コロナによって、更にUBI導入が早くなっているのかも知れません。

AIについて言及していませんが、「ベーシックインカムの最大のハードルは、テクノロジーではない。政治意思だ。自治体レベルでの導入も、少なくともゆっくりとは進んでいる。」と記者がまとめている事から、AIとか新型コロナとか関係なく、現代社会ではUBIが必要と思っている人は多い様ですね。

2030年には色々とある事はこちらの記事も参考になると思います。

ベーシックインカム導入とAI化、日本も動いている?

ベーシックインカムと生活保護の違いを比較

ベーシックインカムを導入すると生活保護が無くなるという人が多いですが、なんで無くす必要があるのでしょうかね。

生活保護受給者はベーシックインカム配給されないとかにすれば良いのではないでしょうかね?

ベーシックインカムと生活保護の違いを比較してみました。

支給

  • ベーシックインカムは個人に支給
  • 生活保護は世帯に支給

申請

  • ベーシックインカムは申請する必要なし
  • 生活保護は申請する必要がある

審査

  • ベーシックインカムは審査がない
  • 生活保護は審査がある

免除

  • ベーシックインカムは免除なし
  • 生活保護は水道料金、家賃、医療・介護費、受信料、住民税、保険、年金などが免除され、他に教育・出産・葬祭扶助や定期割引などもある

減額

  • ベーシックインカムは減額されない
  • 生活保護は減額や打ち切りがある

歳出

  • ベーシックインカムは1人月10万円の場合年約120兆円、1人月20万円なら年約240兆円
  • 生活保護費総額は年約3.8兆円

ケースワーカー

  • ベーシックインカムはケースワーカーがつかない
  • 生活保護はケースワーカーがつく

ベーシックインカムと生活保護の違いを比較した結果、上記の様な感じになっています。

こうやって見てベーシックインカムと生活保護を比較して見て、どちらの方が良く見えますか?

申請・審査から免除など何から何まで違う制度である事が分かると思います。
ベーシックインカム導入で生活保護を無くすのは無理がありますし、選択できるようにしたら良いのではないでしょうかね。

生活保護の現状

厚労省が公表している生活保護の現状を見ると、生活保護は平成30年12月時点で約210万人。
総額3.8兆円を210万人で割ると、年間1人当たり181万円、月にして15万円。

このうち半分近くは医療費、残り半分は生活扶助と住宅扶助で埋まっています。
ベーシックインカムは最低でも15万円必要になりますので、月5万円とか・・・竹中さん?

殆ど医療費となっているのは、生活保護受給者の半数近くが65歳以上の高齢者だからですね。
厚労省は生活保護受給者が徐々に減っていると勝ち誇っていますが、それ単に亡くなっているからですね。

現在は生活保護受給者の半数近くが65歳以上や50歳以上ですが、次に多いのが何と19歳以下であり12.1%となっています。40代も増えており60~64歳を超えています。

金融危機で急激に生活保護受給者が増えたとしていますが、実際には平成初期から増えている。平成初期と言えばブラック企業や派遣社員・・・竹中さん?

大体、最低賃金で手取り15万円いかない会社も・・・そういえば看護師の方が給与明細公表していましたね・・・
生活保護が多い都道府県を見ると、1位は大阪、2位は北海道で3%超えている。5位福岡、7位京都、8位東京も2%を越えている。

生活保護が多い市を見ると、1位は圧倒的で大阪市の5.13%、2位の札幌市と3位の堺市と4位の神戸市と5位の京都市は約3%、その他にも福岡市、千葉市、名古屋市、川崎市、横浜市、仙台市など県庁所在地や大都市に多いことが分ります。

給与が高く仕事も多いはずの大都市で生活保護が多い。

引っ越したのか何なのか、なぜか給与が低く仕事がないと言われている筈の田舎と呼ばれる地域には生活保護受給者が少ないです。

生活保護を攻撃して減額させたら、自分が生活保護受給者になった人も多いのではないでしょうかね。

むやみにセーフティネットを叩くのは筋違いで、これから本当に必要になってくるものと考えた方が良いでしょう。

生活保護は恥ずかしい、生活保護は怠け者など、生活保護のイメージを悪くして申請させない様にしている人も多いですし、そもそも生活保護制度自体を知らない人も多かったでしょう。

苦しくなったら生活保護で良いのではないでしょうかね。
若者ですら受給している現状がある訳で、皆、明日は我が身とここ数年で分ったのではないでしょうか。

増税以外のベーシックインカム財源とは?

ベーシックインカムと生活保護にかかる費用を比較しても分るとおり、ベーシックインカムは莫大な金額が必要になってきます。

ベーシックインカムを導入するなら増税が待っているという人が多いですが、なぜ増税に拘るのでしょうかね。公的資金だけで賄える訳がありません。

これまで海外でベーシックインカムの検証が行われたりしていますが、増税されていないのですよね。
逆にベーシックインカム検証していない日本の方が増税していますからね。

要は富裕層の考え方が全く違うと言う事です。
ベーシックインカムには富裕層の協力は必須になってきますからね。

これまで社員を安月給でこき使ってきたから生活保護が増えた訳で、低賃金非正規でこき使ってきたから生活保護が増えた訳です。

政府は会社を潰さなければ雇用は安定するとして企業を優遇しましたが、それが間違いだった。

今回もGoToキャンペーンで無理やり存続させようとしていますが、GoToキャンペーン総予算1.7兆円を旅行・観光業界の社員のベーシックインカムの一部に充てれば良かったですね。結局潰れたら社員は生活保護ですから。

経済がまわらないと言われていますが、その経済がまわっていない原因が低賃金と長時間労働です

皆が苦しんで耐えても、儲かるのは富裕層だけで格差が広がるのは当然です。
それが資本主義だからと言う人もいるほどですから、あっそ、じゃあ生活保護で良いやとなります。

生活保護が増えると、やはり歳出が増えますから富裕層への協力要請が出てくるでしょう。

ベーシックインカムにしても生活保護にしても富裕層の協力は必須となります。

それでも富裕層が協力に難色を示すのであれば、MMT理論が強くなり、結局富裕層への課税と同様になるでしょう。

どちらにしても、このまま格差が広がり続けると消費が低迷し続けてしまいますので、富裕層も困ってしまうでしょう。

金の価格が上がっているそうですが、買いたい国の通貨や買いたい会社の株がないから金を買っているのですよね。それが何十年も前から続いているのですよね。

要は、富裕層には莫大な余剰資金がある訳です。
タックスヘイブンとか、何か色々とありましたよね。
徳川埋蔵金は不明ですが、富裕層の莫大な余剰資金は確実にある訳ですから、財源に困る事は無い筈なのですよね。

特に日本だとブラック企業の罰則を高額にしたり、不正企業の罰則を高額にしたりと本当は幾らでも財源はつくれますよね。もちろん性犯罪などの悪質な犯罪に関しても高額な罰則を設けましょう。

負の所得税からベーシックインカム導入の流れ

富裕層への課税はベーシックインカムではなく負の所得税と呼ばれていますが、負の所得税は高年収は課税し、低年収は非課税という制度です

負の所得税などの所得に応じて課税や所得に応じて減額などでは、不正も横行し、監視の為の人員も必要になり、ボーダーラインで収入を増やさない方に努力をしてしまい、結局は支出が上回ってしまいます。

と言う事で、各国とも負の所得税を改正して給付付き税額控除を導入しています。

給付付き税額控除を導入している国は米国、英国、フランス、カナダ、韓国、オランダ、スウェーデン、ニュージーランドなど10カ国以上が導入しています。

しかし、その給付付き税額控除を導入している国では更に格差が広がっている現状があり、ついにベーシックインカム導入の動きとなっている流れですね。